Monday, 31 December 2012

at the exhibition...Mr.Gentleman

and this is MR.GENTLEMAN!
director of comtemporary fix
and designer of  PHENOMENON.

この2人もうサイコー!


Mr.Gentleman is the brand made by them.



**

Thank you for all the help for STYLEfromTOKYO
through the year 2012.
hope 2013 finds you happy and successful.

今年いちねん、STYLEfromTOKYOに来てくれて、
本当にありがとうございます。

ファッションが、あなたの毎日の楽しみになりますように。
あなたの人生の、光になりますように。


みんなにとって、よい年の瀬が訪れますように。

at the exhibition..Mr.Gentleman

チェック、カモフラ、柄×柄。
ギリギリサイズのパンツ丈。
やや上気味のベルト位置、素足にリーファー。

there are so many people not only fashionista 
but also many many media at this exhibition.


これがMr.Gentlemanの今シーズン。

at the exhibition...Mr.Gentleman

at the exhibition of Mr,Gentleman
at COMTEMPORARY FIX.

青山コンテンポラリーフィックスで。
MR,GENTLEMANnの展示会。

He's press of  this shop and this brand.

青山発信、東京ストリートのエッセンス。

Sunday, 30 December 2012

on the street...Aoyama


He's japanese model
in front of the shop 'IDOL'.


青山IDOL前での一枚。
小さな顔と長い腕。静かに伸びた背中の骨。
レンズの向こうが似合う人。

Saturday, 29 December 2012

on the street...Harajuku



Cosmic wonder light seorceのシャツに
Zuccaのパンツ。


Who believe he's 68 years old?
He told he's editorial designer,

レンズを向けるとスマートにポーズをとったり、

好きなお店は伊勢丹だったり、
(色んなブランドをジャンルレスで買うらしい)
ちなみに一番最近買ったのはA.P.Cの6分丈パンツだったり、
今欲しい物を聞いた時、
ふぅ、と眼を細めて考えて、ちょっと楽しそうに
「服を買う、『お金』が欲しいねぇ。」ってサラリと言ったり



68歳。セクシーなおじいさん。

Friday, 28 December 2012

on the street...Harajuku



They're shop stagg of vintage eyewear shop
called 'SOLAKZADE'.
I'm sure you'll be surprised when you go  there 
and see their coooool eyewear collection.
at least, I was so excited to find it!

ヴィンテージのメガネ屋さん、SOLAKZADEのご兄弟、
ちょうど遅いお昼を食べに来た時の一枚。



それぞれのメガネ、それぞれの個性。


***

気に入ったものだけを身に付けてる、
好きなものだけを選んでる、
そうやって歩いてきた毎日の積み重ねが「個性」を形作るのだと思う。


何かを身に付ける時に面倒くさくはあるけれど、毎回考えるクセをつける。
好きか、そうでないか。
好きだったら、どのポイントがそこにあたるのか。
選択の際、いちいち考えるクセをつける。


何度かやっていくうちに
自分の趣味嗜好がおぼろげながら見えてくる。
意識しながら取捨選択を繰り返すうちに
自然と個性が見えてくる。


個性というのは、無理に探すものではなくて
ましてや作り上げるものではなくて
身体の中にあらかじめ沁みついてるもの。





Thursday, 27 December 2012

So-en x STYLEfromTOKYO


It's honor of me to announce
we can  share the article of STYLEfromTOKYO
on the So-en magazine,Eebruary  issue
published 26th Dec

That is
'Tokyo Style Tips!  by Rei Shito.'
HERE is the detail.(sorry,only in Japanese!)
this time,I focus on accessories at Tokyo street. 
(P110-111).


12月26日発売の装苑で
シトウレイのトウキョウスタイルチップス vol.2が
掲載されています。
今回の「Tip」はアクセサリー。(P110-111)

詳細はコチラ

Thank you!
ありがとうございました!


on the street ...Harajuku

OTOEで買ったぶかぶかコート
(曰く「多分3XL位かな、これくらいのボリューム感いいですよね」って)
クラッチバックはEMODAのやつ。

He's fashion collage student,
on the way to go to bookshop in Harajuku.

文化に通う学生さん。将来はデザイナーになりたいと言ってた。
好きなデザイナーは
「やっぱマルジェラと、あとヨウジ、かなぁ」と。

this big volume coat is just vintage 
'maybe ,,,3XL size?I Recently  l like this kind of volume.'
he told.

彼から出てくるデザイナー、テイスト、ブランド、ジャンル、
そのハイブリッドな所、もしくはジャンルレスさに興味が惹かれる。
センスというより、時代の空気をつかむその嗅覚的な所に。


彼が作るファッションってどういうものになるんだろう。
機会があったら一回みてみたいな、と思ったり。


Wednesday, 26 December 2012

on the street...Harajuku



It was holiday,so there were so many people 
coming to Harajuku.

ダークブラウン×グレー、ベーシックカラー同士の組合せ。
やりそうでいて、あまりやった事ないなと思った配色。

She's hair dresser,finding cutting models for herself and her salon
there.

美容師さん。
目元が特に印象的で。


サバサバしてて話しやすい人。

Tuesday, 25 December 2012

Merry Christmas from Tokyo!


Merry Christmas from Tokyo!


今日、このクリスマスが
あなたにとって、最高に楽しい一日になりますように!


May all of your Christmas wishes comes true!


Monday, 24 December 2012

Tokyo dandy gentleman...vol.62


Do you remeber HIM ?

坪内さん。大好きな紳士。
背広のダブルと裾のダブル、その厚みのバランス具合。
実際最高だと思う。

He's designer of shoe brand,'Hiroshi Tsubouchi'.
wearing his own shoes.



Sunday, 23 December 2012

Tokyo Dandy gentleman...Vol.61


at reception party of United Arrows.
Love hsi pattern on pattern style!


胸元の柄×柄。
この紳士の柄合わせ具合。

背広と着物の着方ってにてる所がある。
決められた作法とルールの中でいかに遊びを持たせるか。
型にはまった枠の中でどこまで「らしさ」を盛り込めるか。


決まり事のない、はてしなく自由のなかでの
所謂ストリートファッションの楽しさは
ルールがないからこ不都合もある。
何処まで言っても正解がない、というか。

決まり事という窮屈のなかで最大限の工夫を楽しむ
紳士のファッションの楽しさは
ルールという一つのしばりがあるからこそ、
その中を堀り深め、追求する好奇心が刺激される。


ファッションを楽しむ紳士はCuriousな人が多いのは
そういう事かもしれない。

Saturday, 22 December 2012

on the street...Harajuku



This re-make hooded sweatshirts and pants is
nin com poop capacity;his favorite brand.

ムロさん。
背が高いのでちょっと迫力がある彼は
遠くから見てても良く目立つ。


'I think I don't feel to go  any fashion shops
without nin com poop capacity,,I like it so much!' he told.


22歳までプロボクサーをやっていて、
色々あって最近転職、
今はイタリアンレストランでシェフをしてるって言ってた。


now he's working at Italian restraunt in Hatagaya.
'it's only some months since he begun to work there,' he told.


将来やりたい事の欄。
「うーん、、、、どうしよっかな」
筆がなかなか進まない。


***

ちなみに
この欄は特に、スラスラ書いちゃう人と、そうでない人に
はっきり分かれる項目。
思い切り考え込んでしまう人もいる(それは生真面目なのだと思う)。



「将来やりたい事。」
あたしはサラリと答えられるんだろうかどうか、
12月も下旬だし、ちょっと改めて考え直してみたり。





Friday, 21 December 2012

houyhnhnm x STYLE from TOKYO


STYLEfromTOKYO is contributing with houyhnhnm,
fashion,culture & lifestyle web magazine.

It's issue of  'OUR GIFT LIST',
I pick up 'what I wanna gift ' and 'what I wanna be gifted'.
check it out HERE

今掲載中のフイナムマガジン
「OUR GIFT LIST ~フイナム的ギフト特集~」に
掲載されています。

記事はコチラ


Thank you!
ありがとうございました!


on the street...Harajuku



BOY londonのMA-1と
kokontozai で買ったKTZのTシャツと。
9月、ロンドンで出会った男の子に、ここ原宿でばったり会って。

'Do you remember me?
we met at London fashion week,
maybe in front of the show of House of Holland,,,,'

21歳、大学生。もうすぐ就活準備をはじめなきゃ、という所。
ファッション好きだからアパレルの仕事で、
海外と日本を行き来する仕事に着きたいって言ってた。
あの日、ロンドンでの時間の中で沢山たくさん吸収したんだと思う。
その経験は確実に、
彼の人生において何かを動かした。


インターネットやテレビや雑誌で「知識」は培えられるけれど、
実際体験することででしか、「経験」は培われない。


知識はつぶしが効かないけれど
経験は応用が効く。


'Oh, I got it! Yes, I remember you!'

He told it's his first time to go there,
and he got many many good inspirations for his life.

'now I'm collage student and become 21th, so
I need to ready to make a job hunting.
after my London stay, I want to work back and forth
between japan and overseas.'



原宿、表参道交差点。
街はどんどんクリスマスめく。

Thursday, 20 December 2012

FIGARO japon x STYLEfromTOKYO


STYLE from TOKYO is contributing with FIGARO japon.
We can share up-coming tokyo street news 
at my monthly column called `tam tam tokyo '

This time, I'll feature japanese brand;
ANREALAGE'. (P37)

今月20日発売のFIGAROjaponに
連載「tam tam TOKYO ~東京ストリートニュース~」
が掲載されています。
今月は
「2013年春、東京ブランド、アンリアレイジの衝撃
です。(P37)


Thank you!
ありがとうございました!

on the street...Aoyama


in front of the shop,'IDOL'.

アッシュなブルーのヘアスタイルに総スパンコール。

He's assistant of stylist.

しゅんくんは
語彙だったり言葉の選び方が独特な人。

あたしはそれを結構好きで
自分でも真似したりする。


**
そうえいば。


この子あの子や、この彼しかり、
ストリートの髪色が、またカラフルに移行してきた。
今度のは彩度おとなしめ、若干アッシュな色具合。

Wednesday, 19 December 2012

Tips10...Plaid gown coat

I really like his pattern on pattern style!
Plaid gown coat and plaid down vest.

Plaid gown coat and camouflage pants.


at one show of Japan fashion week.(sorry I don't remember!)



OK, I'd like to try to describe some trends  in the street fashion 
on this season as a  'Tips, again.



所謂トップダウンのトレンドではなく
ボトムアップのトレンド、つまり
ストリート出自のトレンドを
一つ洗い出してみようかな、と実験中なのがTipsシリーズ
今回は東京から一つ。


I think it's one of Tokyo street trends; plaid gown coat!
you know you saw it at the pic I posted yesterday, too.
it's HERE


昨日の彼女しかり、
ネルシャツみたいなチェック柄、
バスローブみたいなガウンジャケットがちょっと気になる。

サラッとシンプルに羽織るもいいし、
柄×柄を遊ぶのもいいし。


トレンド分析:Tips1Tips2,Tips3,Tips4,Tips.5,Tips6,Tips7Tips8-1,Tips8-2 ,Tips9-1

Tuesday, 18 December 2012

on the street...Harajuku


赤い髪の毛、赤のクラッチ、
赤いチェックのバスローブ・コート。


Clear shirts one-pierce and plaid gown coat.
I feel recently I often see check gown coat (like bath robe)
at tokyo street style.

学生さん。
サロンの予約を入れていて、ちょっと急いでたんだけど撮らせてくれて。




  

Monday, 17 December 2012

on the street...Shibuya



渋谷、駅前。
TSUTAYAを背にして井の頭線へと向かう通りのあの一帯は
そこはかとなく「さんや」の雰囲気がある所。


新聞紙をひき街路樹の下に座るおじいさん。
真っ黒の背広、パナマ帽、大ぶりの銀ののアクセサリー達。
おいそれと話しかけるには躊躇してしまう
ちょっと独特の雰囲気で
一瞬腰がおよんだけれど、
思い切って声をかける。



「うん?写真?何に使うんだ」
「はじめまして、えっと、ストリートスナップというものを撮っていて…」
って一通り説明させてもらう。

あまり解ってないみたいだけど
「いいよ」って、それで撮らせてもらう。
その後はおじさんのお喋りに
あたしはしばし付き合う事になる。



ひとしきり話を聞いて、おいとまの時。
「じゃぁ、写真はあいつに渡しといてくれ」って
隣に寝てたおじさんをあごでさす。
寝ぼけ眼のおじさんは、よくわからないけど何となくうんうん頷いていた。


それぞれの都市に生活がある。
それぞれの人に人生がある。




ストリートスナップって面白い。

Sunday, 16 December 2012

ANREALAGE x STYLEFromTOKYO



It's so fun to announce
I'll be a  shop manager of ANREALAGE pop up shop
at Shibuya Parco part 1.
yep,it's only 1 days and 2hours only ,haha!

HERE is the details, (sorry only in Japanese!) 

in this pop up shop,
shop manager is changed daily by Tokyo fashionista 
and ANREALAGE lovers and followers.

and my turn is
21th Dec, 16:00-18:00


When you'll be in Shibuya on this day,
go to Parco to say hello to me!
There are many events like talk show, video show,
and many rare item of this brand.

I'm sooooooo looking forward to see you guys!!!


現在パルコミュージアムで開催中の、アンリアレイジ展覧会
「A REAL UN REAL AGE」と連動し、
13日より25日の間、渋谷パルコ・パート1・1Fにて
期間限定のアンリアレイジのポップアップショップがオープンします。

ANREALAGE10周年、20シーズンを記念し、
各シーズン1型・全20型を特別に復刻し、限定販売いたします。

このショップでは、日替わりの1日店長が、皆様のお越しをお待ちしております。
西谷真理子さん、シトウレイ、まつゆう*さん、ミーシャ・ジャネットさんなど、
普段は店頭に立つことのない特別な方々をお招きし、
ジャンルを超えて、より広く、より深く、
アンリアレイジの魅力を伝えることができればと思っております。

詳細はコチラ


『あんりあれいじ prduced by ぴゃるこ』日替わり店長スケジュール

12月16日(日)16:00-20:00 まつゆう*(ブロガー/モデル)
12月17日(月)16:00-20:00 (現在交渉中)
12月18日(火)14:00-21:00 中嶋彩 (エキビル系ショップ店員)
12月19日(水)15:00-21:00 藤本有輝(MUDSNAIL)
12月20日(木)16:00-20:00 むらたさき(イラストレーター/モデル)
12月21日(金)16:00-18:00 シトウレイ (STYLEfromTOKYO フォトグラファー)

12月22日(土)14:00-21:00 瀧宣春 (銀行員)
12月23日(日)16:00-18:00 西谷真理子(編集者)
12月24日(月)16:00-21:00 竹田和史(ANREALAGE TOKYO)
12月25日(火)15:00-21:00 青柳文子(モデル)

みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!
渋谷に来た際は、遊びに来てください。


thank you!





on the street...Harajuku


仕事の電話をしている姿が
何ていうかもうすごくフォトジェニックに目に飛び込んできたので
電話が終るのを待って、声をかけさせてもらったお兄さん。
笑顔で、きさくで素敵な人。


Basic style with colorful item like purple tie
and shoes with yellow sole.

アパレルで働いているお兄さんは
「今の社長とご縁があって。すごくカリスマがあって尊敬してて
もう10年以上働いてますねー」って。

Recently I often see preppie style men like him 
at tokyo.



キャップ。
「NEW ERAとかじゃなくて、
こういう『ちょっとヘボダサい』感じのキャップが今なんかいいなぁって
思って。」って言っていて。

BoyとGentlemanの真ん中地点におけるプレッピースタイル。
アイテムのチョイスにおいて
いい具合に肩の力が抜けた所が、
見てて何だか心地よい。

Saturday, 15 December 2012

on the street at night...Harajuku


夜、紳士、原宿。確かアローズ20周年パーティーがあった日の夜の一枚。


Gentleman at night, in front of United Arrows.




昨日の夜も
あたしは東京きっての紳士達の話を
ワイン片手に聞いていた。


つまるところ魅力っていうのは
素直に表れた笑顔一つに集約される。
(この素直、ってのがポイントだ)

恵まれた体躯も、上手に訓練された身のこなし、しぐさも
綺麗な服も、そういうのはあくまでオプションでしかない。

「やっぱ『笑顔』ですよ」
の言葉が耳の奥に座りはじめる。


----
帰り道。
あたしはほろ酔いで気分が良くて、散歩しながら例の言葉を反芻する。
(実際、この時期の青山通りはそこかしこにイルミネーションが光ってて
何か考え事をしてあるくにはうってつけだ)

笑顔。魅力。あたしの仕事、ストリートスナップ。シナプスが急に繋がる。

あたしが撮りたくなるのは、お洒落な人というよりも、
お洒落を楽しんでる人がなんだ、と気がつく。


魅力とは
ファッションそのものだけじゃなくて、
ファッションを愛する、楽しむその心。



Lightning special issue x STYLEfromTOKYO

STYLEfromTOKYO is contributing with
'Lightning special issue' published at 8th Dec.


12/8日発売の別冊Lightning
「手元に置きたい逸品365」で
「審美眼のある女性に訊く 大切なひとに贈ったもの。贈りたいもの。」
のコーナーでオススメのプレゼントを紹介しています。(P34)

This time,I show some special gifts for my dear people.(P34)


ありがとうございました!
Thank you!



Friday, 14 December 2012

on the street at night...Harajuku





夜。とんちゃん通り。原宿キッズ。
そのパワフルさ、すごく心強くて、頼もしい。



There is a opening party of 'funny weapon store by blackemeans';
at berberjin.
it's pop up shop of blackmeans.



blackmeansの期間限定店、「funny weapon store」の
レセプションでの一枚。





ファッションは、楽しい。

asahi newspaper degital x STYLEfromTOKYO



I'm so happy we can share my monthly column
at asahi newspaper digital.
That's 'fun!fun!fashion! by Rei Shito.'

This time,STYLEfromTOKYO features London Fashion Week.

It's HERE (sorry ,only in Japanese!)



シトウレイのfun!fun!fashion!


今回はロンドンコレクションレポートです。

記事はコチラ  
今回が最終回になります。
 

ありがとうございました!
thank you!

Thursday, 13 December 2012

GINZA x STYLEfromTOKYO

I'm so exciting that I can announce 
STYLEfromTOKYO is contributing with Ginza magazine on this issue,
published 12th Dec 2012.

昨日12日発売のGINZAさんに
「シトウレイのワールドスナップ♡」
が掲載されています。.(P68-75)

this issue is 'Standard is forever!'
we can share stylish people from all over the world
wearing standard item like denim,white shirts and so on.(P68-75)


今月はスタンダード特集。
世界中からスタンダードかつ新鮮さが感じられる着こなしを集めてみました。


check it out!
thank you!

ありがとうございました!

at the reception party...Marunouchi

at opening reception party of Wild Life Tailor Maruno-uchi,
it's shop for trad preppie gentleman like freemans in NYC.

蝶タイ、白シャツ、チノパン、シンプル、ベーシック。


メンズの定番スタイルを女子がそのまま取り入れる。
「当たり前」なものをどう捻るか、違った角度から見てみるか。
つまりベーシックを、再度見直す。



They're PR womens of this shop.
wearing same costume.so cute!


新しさを
「ここではない何処か」からではなくて
「今ここにあるもの」の中から見つけ出し、掬い出していくのが
今の時代の気分と寄り添う
一つの手段。