Thursday, 4 February 2010

at the exhibision...Keisuke Kanda

↑click photo to see more details.



↑click photo to see more details.


He's designer, Keisuke kanda.
He has a very woman sensibility unlike externals.

けいすけさんは、あたしの学校の先輩で、
学生の頃からずっと服作りを続けている。

His creation is so sensitive, so poetic,
and so beautiful as no other disigner catch up,
I think.
There is an originality.


けいすけさんのクリエイションは
何かしら昭和的、というか中央線的、というか
それは多分けいすけさんでしか表現出来ないたぐいの「東京」らしさで
それこそがけいすけさんのオリジナリティだとあたしは思う。



He's one of the designer I'm lookinf forward to
go to see the exhibision in Tokyo.



話してると、なんとなく安心する人というのはいて、
けいすけさんもその一人。
「レイ」と呼ぶときの低い声は
どすがきいててこわいけど
実は案外好きだったりする。