Monday, 30 December 2013

at the show...Wut Berlin vol.,3


Hello, Mr.Desperado, Izumi-san!

あたしの口のへらない(毒舌とも言う)
ファッションビジネスにいる友達が
尊敬する人にまずあげるのは
セレクトショップDESPERADOの泉さん。

Do you know about this shop?
it's select shop located between Shibuya and Ebisu,
Owner of this shop is so charismatic guy 
having big influence to the people in Japan fashion industry.

惜しまれつつの閉店のあと、
新生DESPERADOとして改めて開いたこのお店は
「セレクトショップ」とはこういうものだ、と改めてきずかせてくれるお店。


I happened to find him after the show of Wut Berlin.
He has traveled all of the world 
to find young and talented designer and creator,
He seems he don't care they're big name or not,
he just look their  creativity and  their character (and mind).

それはWut Berlinにも言える事なのだけど
若手のクリエイターやデザイナーを見出し、育て、
世に出る後押しを「お店」というメディアを通してやり続けてる。


so I was really happy to find him at this show.
I wanna ask him how he feel this creation in near future.
(I totally forgot to do it, cos I was concentrating with my fun fun fun shooting...)


・今これが流行してるから
・どこそこの人気のセレクトショップがこの商品を入れてるから
ではなくて

・僕はこれをステキだと思う
・僕はこの感性や感覚が『今の空気』だと思う
・このブランドやクリエイションをお客さんに伝えたい
という価値基準。


ブランドとの向かい合い方、
お客さんとの向かい合い方、
何より選ぶ基準に「僕が」いるという、
責任感。
「文責」ならぬ」セレクト責」(そんな言葉があるかは知らないけど)
を担った上での向きあい方。

お客様のいいと思ったものだけではなくて、
その斜め上をいく提案があってこそ、驚きがあって、発見があって、
互いのファッションやスタイル、生活が進歩発展していく。

セレクトショップのあるべき(もしくは本来的な)姿。
彼の背中を通して学んだ人は多い。
100%で応えるのは「佳」でしかない。
120%、130%で応えてからが次へとつながる「スタートライン」。

2 comments:

Sabina Rijal said...

Great blog!! Happy New Year!!
Can we follow each other on gfc/bloglovin?

Enter my giveaway here:
http://asweetwoorld.blogspot.com/2013/12/rosegal-international-giveaway.html

Erin said...

I love the style in Japan. So many Tokyoites are fearless about fashion and it's an inspiring place to be.